FC2ブログ
--/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックありがとうございます!一個一個の拍手が凄い励みになってます!
2010/08/20 (Fri)  雑記
今週は暑さにも少し慣れたせいか、MOD製作は気合を入れて精力的に作業中。
ただ、「まろんR」の製作が進んでいるかといえば、そうとも言えないのがツライところ…。

原因は、BODY製作を進める上で必ずブチ当たる“服との互換”だ。

★画像クリックで拡大表示
腕比較
少し動かすだけで破綻しやすい腕や肘。
破綻しにくくなるようウェイトをいじると、今度は肌が手袋からハミ出てしまうことに…

 
BODYにとって良かれと思う修正が、ほとんどのケースで服との互換を悪化させるので、
服との互換を優先するか、BODYのモデリングを優先するかは大きな悩みどころだ。

たとえば、「妹BODY」の作者氏が最近リリースした「N-400BODY」は、
互換性をあまり気にすることなく趣味嗜好を前面に打ち出した個性的なBODYで、
その野心的な作風と見事なBODYの完成度に自分も非常に大きな感銘を受けた。

「妹BODY」は、かなり以前から“互換”より“個性”を重視してきたBODYで、
“自分の、自分による、自分のための嫁”という潔い製作姿勢は、
「まろんS」の開発にも大きな影響を与えている。

ただ「まろんR」シリーズは、結構多くの人が改造用BODY素体として使ってくれているし、
また自分も、「まろんR」はそういう立ち位置のBODYを目指しているところがあるので、
互換に影響を及ぼす大きな変革は避けたい。

で、結局現在の「まろんR」製作がどうなっているのかというと、自分的には“良くなった”と
思える改造も、互換性のため“デフォ準拠の仕様にちょっと戻す”みたいなことを繰り返して
いるので製作効率が悪く、それで予想以上に時間が掛かっている感じ。

ただ、そういう製作時の試行錯誤も、当然自分の血肉となってスキルのレベルUPには
繋がっているので、今は早く「R」の製作を終わらせて「S」に取り掛かりたいという気持ちで
いっぱいだ。

だから「まろんS」では(裸に剥いて楽しむBODYという性質もあるのでw)ほとんど互換を
気にしないで、かなり自由にモデルもウェイトもいじってみようと思っている。



ちなみに現在はお尻を改装中。

「TSOWeight ver 0.0.6」以降、ツール上でボーンを動かすことが出来るようになったので
制作効率が当社比500%アップ!^^

これまでも「ウェイト表示」にすれば大まかなウェイト分布は見えたけど、ボーンを動かして
移動する頂点がリアルタイムで見えることで、真の意味で“ウェイトが見える”ようになった!

いや~ホントめちゃくちゃ助かってます!
ツール作者様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

05/08の尻の壁3では、結局“三つめの壁”には触れなかったけど、三つめの壁とは
じつは“潜伏する Mataボーン の恐怖”のことw

MataボーンはXPのポーズエディットでは操作できないため、従来のウェイト作業では
実際に塗ってみて、XP付属の何種類かのポーズで比較するしかなかった。
でも、ポーズによってウェイトの影響の現れ方が様々で、こっちのポーズで良くても
あっちのポーズでは全然ダメ、みたいなことが多く、自分のスキルでは正直お手上げの
ボーンだったのだ。

それが「TSOWeight ver 0.0.6」によって、リアルタイムでのボーン操作が可能になり、
かつての苦労はナンだったのか…というくらい容易にウェイト作業が進行。

★画像クリックで拡大表示
お尻比較
左「08/08配布 お試し版」、右「現在製作途中版」。前よりエロくなった?

ただしそれでも、「Mata」「W_Hips」「W_Left(Right)UpLeg」のボーンが複雑に絡み合うお尻や股間は
ウェイト調整としては最大級の難しさであることは痛感…。

たとえウェイト作業が容易になっても、ボーンをそれぞれどう組み合わせて塗って行くかは別問題。
機能と美しさ、かつ高い互換性を両立させるための組み合わせに非常に頭を悩ませている。
やっぱり今も、“お尻”は大きな“壁”だw

本当は今日ぐらいにお尻の改装を終えて一段落した「お試し版」をうpしたかったのだけど、
まだまだ時間が掛かりそうなので、本日は報告だけにて(^^;


クリックありがとうございます!一個一個の拍手が凄い励みになってます!
Secret

TrackBackURL
→http://maroonya.blog118.fc2.com/tb.php/34-84c8a6a9
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。