FC2ブログ
--/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックありがとうございます!一個一個の拍手が凄い励みになってます!
2011/02/12 (Sat)  BODYパーツ
まだ制作途中ですが、とりあえず中間報告として「ハイライトパーツ&テスト用BODY」をUPしました。

【まろん屋 うpろだ】
http://loda.jp/maroonya/

現在のところ、【逆光】【正面光】【反射光】計15種類を5つのカテゴリに配置可能。
最大で5つのハイライトを同時に使用することができます。

★画像クリックで拡大表示
ハイライトパーツ
パーツをテキトーに装着してみた。夏の強烈な日差しっぽく見える?
 
Hパーツ重ね 00
陰影の付き方がよく判るように、シェーダーを無効にしたテスト用BODY。
肌はのっぺりして立体感は皆無。


Hパーツ重ね 01
「逆光(ハイライト) 【明】★☆☆ 【幅】■□□」を装着。立体感は微増。

Hパーツ重ね 02
「正面光 【明】★☆☆ 【幅】■■■」を装着。大幅に立体感が増加。

Hパーツ重ね 03アイコン
さらに別の「正面光 【明】★☆☆ 【幅】■□□」を装着。かなり自然な感じに。
右はテストBODY用アイコン。テストBODYは3体(ノーマル、テキトー褐色、Ver.5.2普通肌)。


↑はテスト用BODYを使った私のお気に入りレシピです^^

光源の位置が変更できないのでSS用途には向かないけど、エロモーションではなかなか良い感じ。

ただし【正面光】を使っているので、正面から見ると股間がテカってよく見えないという弱点も。
(これが今までのBODYで採用しなかった最大の理由w)

あと、ハイライトパーツは基本的にBODYを何体も表示するのと同じ負荷が掛かるので、
パーツをいくつも同時使用すると、処理能力の低いPCだとかなり重くなるかも。

まだ制作途中なので、今後さらにパーツが増えたり減ったりするかもしれません。

残念なのは、結局、光源の位置を自由に操作できるパーツが作れなかったこと。
そして今後も自分のスキルでは作れそうにないことw

たとえば上のプールのSSだと、本当は、頭上からの強烈な日差しやプールサイドの照り返し、
プール水面からの反射光、なども表現したかったのですが、現状の【逆光】【正面光】【反射光】
では、光源がカメラ視点の正面からと、その逆の方向に固定されてしまっています。

【toonshader2】の他のテクニックもいろいろ試してみたのですが、どうしても光源を操作できる
パーツは作れませんでした…。

「こうすればデキるよ!」という方法が判る方がおられましたら、ぜひコメ欄等で教えて
いただけると有り難いです。「こうすればデキそう…」とか「こうすればデキるかも?」という
正否不明のアイデアでも歓迎です!^^

それと、ハイライトパーツに不具合などあれば、ぜひご報告いただけると嬉しいです。

じつは最初、パーツはマトリョーシカ人形のように、サイズの違うBODYを“入れ子”形式で
作っていたのですが、それだとパーツを重ねていくと上手く表示されないケースが多発。

試しに、BODYとまったく同じサイズで作ってみると、パーツをいくつ重ねても綺麗に
見えるようになりました。

正直、なぜ問題なく綺麗に表示されるのかサッパリ判りませんw

まったく同じ位置に透過処理をした画像が何枚も重なったら、むしろいろいろ不具合が起こり
そうに思えるのですが…。

【toonshader2】のバージョンが違ったり、グラフィックボードが違ったりしても、ウチと同じように
見えるのか? 他の方のPC環境でも綺麗に見えているのかとても不安です。

そんなわけで、ささいなことでも不具合等があれば、ぜひぜひご報告くださいね。

ちなみに、今後はさらにパーツの改良を重ねながら、パーツに適したBODYテクスチャと
シェーダーの制作にとりかかる予定です^^

★拍手レス
>>おお、「1059」。

天国と読むのかな? ウチのブログを天国と思ってもらえたなら至極光栄です!^^

P.S.
今回のSSには以下のMODを使用しています。
【TAC00127】 やっつけカメラ目線4種(158式)
【XPC00285】 ほほ赤らめ&赤面
【XPC01602】 ほっぺた改変
【TAC2024】 【背景】リッチプール (微修正版)
作者の皆様ありがとうございました。


クリックありがとうございます!一個一個の拍手が凄い励みになってます!
Secret

TrackBackURL
→http://maroonya.blog118.fc2.com/tb.php/62-5702ec84
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。